「手汗」の悩みを食生活で克服

私は昔から手汗に悩まされ、必ずハンカチを持ち歩いていました。

 

 

学生時代から何かとパソコンを使ってきた私ですが、気が付いたらマウスの表面が手汗のせいで湿っているという事が多々あります。

 

 

手汗をなくす方法として自分なりに色々調べてみた結果、どうやら食生活が原因であることが分かりました。

 

 

特に私は辛い食べ物が好きなのですが、実は辛さを増す香辛料には、手のひらの交感神経の活動を活発にしてしまって、最終的に多汗症を誘発してしまう作用があるとのことです。

 

 

さすがに日常生活で支障をきたす手汗を一刻も早く克服したいと考え、食生活の見直しをしてみる事にしました。

 

 

まず、香辛料が多く含まれる食べ物や脂っこい肉類などを控えめにして和食中心の食生活に切り替えました。特に私が効果を発揮したと思ったのは納豆などの豆類です。

 

 

納豆などのイソフラボンが豊富な食べ物は汗の放出を抑えて多汗症を防いでくれる効果があるため、1週間程、毎日食べ続けてると少なくともPCのマウスの表面が手汗で湿るという事も無くなりました。

 

 

無論、食事療法は治療ではないため、手汗が完治したわけではありませんが、これまでと比べても手汗の量が非常に減った事を実感できています。

 

 

手汗の原因は人によって様々ですが、まず食生活などの日常を少し変化させるだけで手汗抑制の効果が出るという事が分かりました。