なんで痩せないんだろう?と、太っている時は思いますが、太っている時の食生活は、自分では意識していませんが、やはり太りやすい食生活を送って
いることが多いようです。

 

加齢によって体内の酵素が少なくなるにつれ、消化酵素が少なくなりますので、歳を追うごとに痩せにくくなってはいきますが、食生活をコントロールする
ことで、太ることを防ぐことができます。

 

まずは太ることの原因である「食べる」事を徹底管理することは、ダイエットの基本中の基本ではありますが、ただ単に食事量を減らすだけではストレスを感じてしまい、リバウンドを起こしてしまうのが関の山です。

 

なので、日常生活の中で太りにくい食べ方を実践していくことで、太りにくい食生活を送りましょう。

 

●食事のストレスを失くす太りにくくなるダイエット

 

・毎食の食事前に水を2杯飲む
お腹が空いている時、食事を目にしてしまうとドカ食いする原因にもなりますので、食事前には必ず2杯の水を飲みます。水を飲むことで新陳代謝が活性化し、体内の老廃物を流すことができます。

 

・食事中に水分を取るのはNG
水分は取れば取るほどいいと思うかもしれませんが、食事中に水分を取りすぎると、水分のせいで胃酸が薄くなり満腹中枢が満たされてしまい、噛む回数が少なくなり、結果としてあまり噛まなくなり、太る原因になります。

 

・だらだらと長時間食べるていると太る
食べることだけに集中しておかないと、目から入ってくる情報が邪魔をするので、満腹中枢が満たされにくくなり、ついつい沢山食べてしまいます。

 

・おやつは1日200calまで
ダイエット中は、おやつなんて厳禁と思いがちですが、1日2calまでのおやつ程度なら食べても支障はありません。あまりダイエットに厳しすぎても
長続きしませんので、食べすぎない程度のおやつは楽しみ程度に食べましょう。

 

 

私は上記のダイエットを2〜3ヶ月続け、結果として2.5キロ痩せることができました。現在では食事前に水を飲んだり、だらだら食べないよういする程度ですが、リバウンドもせずそのままキープできています。


ダイエットのストレスを失くす太りにくくなるダイエット関連ページ

コーヒーダイエットは意外とオススメ
注目の成分、酵素。ダイエット目的はもちろん、健康と美容のためにも取り入れておきたいです!
食事と運動でのダイエット
注目の成分、酵素。ダイエット目的はもちろん、健康と美容のためにも取り入れておきたいです!
糖質オフダイエット
注目の成分、酵素。ダイエット目的はもちろん、健康と美容のためにも取り入れておきたいです!