洗顔に関する奥深い知識

洗いはスキンケアの基本です。洗い計画が正しくないと、その後にどんなに化粧品でのケアやマッサージを頑張っても、効果が薄くなってしまう可能性があります。それどころか、肌トラブルを招いたり悪化させてしまうことも。まずは今、自分が行っている洗い計画が正しいやり方かどうにか見直してみましょう。
ふさわしい洗い計画とは?

スキンケアを頑張っているのに、肌の容態が悪い…。そんな時は、もしや洗い計画が異なるのかもしれません。

汚れを落としたいサッパリ、ゴシゴシとこすっていませんか?熱いお湯でバシャバシャと勢いよくすすいでいませんか?脂っぽいのが気になって、1日に何度も洗い料を使って洗ってしまっていませんか? 

どれも肌にとっては駄目。規則正しい洗いとは「朝夕に」「よく泡立てた洗い料を使って」「泡で汚れを取り囲むように手厚くなじませ」「ぬるま湯でたくさんすすいで洗い料を洗い流し着ける案件」だ。洗いときのコツをみていきましょう。

洗いときのコツ(1)「洗いは1日2回まで」

汗をかいた時や脂っぽさが気になった時代、つい洗い料を使ってすすぎたくなるかもしれませんが、1日3回以上は洗いすぎだ。

皮膚には肌の水分を保持したり、外部から異物が参加やるのを防ぐ支障規格があります。皮膚のうわべを覆っていらっしゃる「皮脂膜」と、皮脂膜の下にある「セラミド(細胞うち脂質)」がその効能を担ってある。

洗いをしすぎると、肌に必要な皮脂や肌のうるおいを保つセラミド、NMF(天然保湿要因)を洗い流してしまう。その結果、水分が蒸発し肌は乾燥、支障規格を弱めてしまう。fnp-halios.com/

You May Also Like

About the Author: wp_sv_1843_63523